今日は春節なのにスタバが通常営業してた



今日は春節1日目。日本で言えば元旦にあたる全世界の中華系の人たちにとって一番大切な祝日だ。ご多分に漏れずシンガポールも中華文化圏なんだけど、今朝スタバに行ったら平然と通常営業だった。

ショッピングモールの殆どの店はシャッターがおりている。日本で社畜をやっていた僕としては「ああ、元旦にご苦労様なこった」と哀れに感じたのだけど、カウンターに入っているのはみんなマレー・インド系の人たちだった。彼らは独自の正月を持っているし、イスラム教徒・ヒンドゥー教徒にとってはハリラヤやディパバリのような宗教祭日のほうがずっと重要な意味を持つ。

シンガポールでは中華系の人たちが人口も多いので雇いやすいし、バリバリ仕事したい人も多いように感じる。だからといって中華系ばかり雇っていたら年末年始に労働者を確保するのが難しかったろうし、無理強いすればベテランの離職につながるかもしれない。でも普段から人種と文化の違う人たちをまんべんなく雇用しておけば、それぞれの祝祭日に気兼ねなく休暇を与えられるだけでなく、店を閉める必要もなくなる。これはシンガポールもしくはこの店舗だけなのかもしれないけど、グローバル展開するスターバックスはさすがだ。

まさに多様性の良い効果を引き出す人事戦略だと思う。

先に書いたとおり、この春節の期間は多くの店が閉まる。でもシンガポール人口の4割が外国人で、中華文化と関係ない生活を送っている人たちが多くいることを考えると春節に合わせて何日も店を閉めるのは機会損失だ。

文化の違う人たちが世界でも有数の人口密度でひしめいているシンガポール社会。正直、文化摩擦も多いし実力行使の衝突を避けるために法律が厳し目に設定されている。そうした努力の上で初めて成り立つ工夫ではあるけど、スターバックスの人事戦略に新年早々感心した。

日本でも人口減少により労働者が確保できなくなり移民を入れる政策が実行に移されようとしている。そのための社会設計としてシンガポールのやり方は大いに参考になると思う。