無職で春節を迎えるのは生き難い



シンガポールは春節の連休でございます。中華系の人たちは一族郎党で集まって、魚鮮(いぅーしぇん)という魚や野菜を撒き散らす願掛けをしたり、紅包(ほんぱお)というお年玉をあげたりと忙しい。これは社会的圧力による半強制イベントなので参加しないとさらに面倒くさいことになるっぽい。

僕は日本人だし春節はまったく関係ないところから傍観しているだけなんだけど、どうにもこの家族イベントは面倒くさそうだ。例えば紅包というお年玉だけど、子供にだけ包めばいい日本と違って、中華圏では子供が両親にあげたり既婚者が独身にあげたりする。会社では上司が部下にあげることもある。

で、一番面倒くさそうのは立場によって額がきっちり決まっていることだ。彼らはお金が絡むとガチなので「お気持ち」などという曖昧な概念は通用しない。このくらいの年収であげる対象が両親なら2万円包みましょうなどと超絶具体的に示されている。これは毎年銀行なんかが告知している。迷惑な限りだ。

そんなわけでとりあえず先立つカネがないと、このファミリーイベントをサバイブ出来ないらしく、僕の中華系シンガポール友人がわざわざこの元日に外国人が多くいるコミュニティで野外イベントを主催している。彼は仕事がどこも長続きせず、ココ数年はほとんど無職でフラフラしている。なのでカネとメンツが立たず、一族郎党が集まる実家に居づらいのだろうなと感じる。中華文化はメンツを重んじる社会だ。

どこの国でも無職でフラフラしているのは肩身が狭い。まったくやれやれだが、無職は恥だが癖になるものだ。彼もノラリクラリとこうした社会的圧力をかわして、もう何年も働いていない。それでいて定期的に人を集めてイベントを主催してなんだか楽しそうだ。

シンガポールの雰囲気的に褒められた人生ではないし、裕福な家庭に産まれたわけではない彼が福祉制度が貧弱なこの国で将来どうなってしまうのか、不安要素は尽きない。それでも、ほとんど働かずにフラフラしてても最低限生存を許されて、お金がかからない方法で孤立せず友達がたくさんいる彼は幸せだと思う。

いろんな生き方が可能で、いろんなライフスタイルを自由に行ったり来たりできるような社会こそが持続可能で幸福度が高いと思う。僕自身も実践していきたい。