ADHDが仕事でミスを減らす5つのコツ

僕は情熱がないことに対してとことん怠け者だ。こういうのをADHDのせいにすると怒られそうだけど、調べると僕と同じように一度「どうでもいい」と思うと手が止まっちゃう人は結構いるみたい。

ところがサラリーマンなんてそんな「どうでもいいこと」に毎日を捧げるのが仕事なわけで、このまま開き直っていると社会的に損してばかり。

なので今日は、僕が普段やっている仕事でミスを防ぐ工夫をについて書こうと思う。すでにダルくてココまでで読む気が失せた人のために要約すると、過集中が使える時に合理的な手順をつくって、あとはボケーっと手を動かしても手順にさえ従ってれば自動で廻るようにしておくってこと。

メモは音声で録音する

まず、話を聴きながらメモを取れない病なので、大切なことを聞き漏らしてミスに繋がる。この解決策は何でもかんでも録音して、朝の決まった時間に聴き直すこと。ボタン1発で録音開始できるので、クソダルい時でも習慣にできる。まぁ盗聴なんだけど、大目に見て欲しい。。。

スマホの録音アプリでもいいけど、会議とかで机にスマホを出しておくのはマナー的にアレだし、ポケットだと上手く音を拾わない。なので僕はApple Watchで録音して後からアプリで文字起こししてメモにしている。議事録など作るよう言われた際も、これは内容を理解しながらメモを取れないADHDにとって鬼門なのだけど、音声データがあればメモはバレない程度に取るふりをしておけばよくなる。

録音しっぱなしじゃ意味が無いので、朝イチで再生するのを習慣化する。忘れている指示がないか不安にならないので心の負担が減る。会議や商談などの会話だけでなく、重量なメールやメモなど文字ベースで来たタスクも、こっそり自分で音読して録音しておく。

全てのタスクを音声メモに集約しておくことが大切。音声メモさえ確認すれば漏れなくすべてのタスクを補足できると思えば、調子が出ず面倒くさい日でもとりあえず確認する気になる。これがグチャグチャで抜けだらけの会議用ノート、パソコンのカレンダーソフト、手帳の殴り書き、みたいに分散していると、そもそも予定を見返すという習慣がつかない。ダルいから。このダルさを出来る限り排除するために、記録に一番手間がかからない音声メモがオススメ。

今年(2017年)の1月から、iPhoneなしのApple Watch単体とイヤホンだけの生活をしている。現状、Apple Watch Se...

紙の書類は自動的に重要度で分別する

ADHDのデスクは荒れる。モノの洪水。だから最初から文房具は置かない。机は常にまっさらにしておく。必要な道具が発生したら、隣の人に借りればいい。お礼にコンビニで新商品のスイーツなど見つけたら週に一度くらいさり気なく差し入れてあげる。

この隣人としても、ジャングルみたいな机が隣りにあるより、仕事はイマイチでも小奇麗にしていて、たまにデザートをくれるような同僚と仕事したいにきまっている。

片付けられないADHDにとって、ジャングルを構成する最大要因が「紙の書類」だ。僕はとりあえず紙の書類を手にしたら、事務机の上から二番目の引き出しに突っ込む習慣をつけている。その書類が必要になったら、二番目から探し出して、一番上の引き出しに「格上げ」する。そして毎週水曜日の朝イチに二番目の引き出しに残っている一週間不要だった書類を全て三番目に「格下げ」。それで月初めに三番目の引き出しを全部シュレッダーにかける。

この三段構えで紙の書類を格付けする習慣をつけると、紙の書類でジャングルになるのを防げる。

対人タスクを切り出して先にやっとく

例えば「売上を製品ごとにまとめてくれ」と言われたら、まず他の人が関わってくるタスクだけ切り出して早々にこなしておく。売上の元データを担当の営業からもらう、経費と原価のデータを経理部から取り寄せるとかね。

必要なデータが手元に全部揃ってしまえば、あとは自分のペースで進めればいい。これを切り分けずに適当なところから手を付けると「あの営業のおっさん苦手なんだよな」「経理の新人の子に今朝挨拶返せなかったし…」などと心のシコリがずっとつっかえて、作業がドンドン苦痛になっていく。しかもこの苦痛がミスの原因になったりする。

だから他人が関わってくるタスクや、心が重いタスクをエイヤっと一番最初に終えておくと、残りは自分のペースで走りきれる。

見逃せないメールはメーラーで振り分け

大切なメールは予め補足可能。To:が自分だけだったら、From:が直属の上司だったら、取引先がCC:に入っていたら、自分が担当している商品名が本文に含まれていたら、などなど読むべき重要なメールの特徴はなんとなくわかっているはずだ。

メールが1日100通以上来ると、ダルいので結局全部読まなくなる。これで必要事項を漏らしてミスに繋がる。なのでメーラーで上に書いたような条件をフィルターして、自動的に【読むべき】フォルダに振り分けられる様にしている。

もちろんこれはダルい作業だけど、過集中でエイヤーってな感じで一度フィルターをこしらえておけばその後ずっとラクに読みこぼしを減らせる。

事務作業はマクロで自動化する

ADHDとプログラミングは相性がいい。過集中できる時に絶好調な脳をつかって一気に書き上げて、調子悪い綿菓子のような脳でもボタン1発で作業が終わる仕組みを作っておく。

ADHDはムラがある。調子いい時は過集中を駆使して何時間も脇目も振らずにエネルギーを爆発させる一方、爆発した後はしばらく使い物にならない。こ...

オススメなのがExcelマクロ。マクロに熟練するとネットから情報を取ってきて集計してグラフに起こしてメールに添付して送信、位のことは自動でパソコンがやってくれるようになる。

本屋にいくと手頃な値段で初心者向けの参考書がわんさか手に入るのでとっつきやすいし、Excelは会社パソコンに最初から入っているから情報セキュリティ的な社内の規制を気にせず使えるのも良い。

ポイントは過集中

過集中が使える時に毎日のタスクを単純な「手順」に落とし込んで、脳が死んでいる日は何も考えなくても手順さえ守ってれば失敗しないようにしておくと、ADHDでも仕事のミスが減らせると思う。