まともな若者が出ていきアホと年寄りしか残らない

今から17年前、高校生だった僕は、夏休みに東北の酪農場で住み込みで働いていた。あれから17年も経ったのか…。はぁ…。

まぁいいや(=^・・^=)

僕が働いていた農場は、主に関東一円の小規模酪農場から仔牛が集まってくる、いわば牛の保育園だった。牛の赤ちゃんは超デリケートで手間がかかるし、酪農が盛んじゃない地域には家畜専門の獣医さんが少ない。そしてそんな地域には放牧しておく牧草地もない。

そこで仔牛たちは一人前になるまで東北で暮らし、生まれ故郷へ戻っていく。

そんな「放牧育成」をやってる山奥の農場で、僕は乳牛ホルスタインの赤ちゃんの世話を担当していた。



農業が高齢化する原因は高齢者

酪農家の朝は早い。なお夜も早い。

朝6時には現場に出て餌やりやウンコ掃除をし、16時には店仕舞い。こんな生活に慣れると日が沈むともう深夜だ。

ある日、仕事上がりに「同僚」のオババたちと飲…談笑していると、チリチリパーマの絵に描いたような婆ちゃんがボソっとこんな事を言った。

「ここにはアホと年寄りしか残らない。マトモな若者は出ていってしまう(※東北弁意訳)」

この日、正社員で唯一の若手男性である「兄ちゃん」がミスをして、オババたちの仕事が増えた。ちょっとしたトラブルだ。だからおそらく「アホ」というのはその兄ちゃんを揶揄していたのだと思った。

この兄ちゃんは当時ハタチくらいの好青年。農道をトラクターで爆走しながら、コテコテの東北弁でド演歌を歌っていた姿が印象的だ。

確かに高校生だった僕からしても、彼はちょっと頭のネジがぶっ飛んでたと思う。それでも唯一の若手男性として力仕事や高所での作業を任されていたし、実際彼なしで現場は廻らない。

それなのに、オババたちは兄ちゃんを見下したように扱う。そしてちょっとでもミスをすると叱責し、影でいつまでもグチャグチャ愚痴られる。

僕はオババたちが兄ちゃんを批判するのを聞いて嫌な気持ちになった。

年寄りばかりの現場で若手がやっていくには、相当の忍耐が必要だ。同じ仕事をしているのに年が上だというだけで偉そうに振る舞い、力仕事は当然だというふうに若手に押し付け感謝もしない。

兄ちゃんはネジがぶっ飛んでることにより「スルーする力」が高かった。彼のような人でなければ、ストレスで病むか、キレて事件を起こすかどっちかだろう。

僕が高齢者ばかりの職場で働いたのはあれが最初で最後だけど、田舎で農業が高齢化するのは年寄りが若手を大切にしないからだと感じた。



アホと年寄りしか残らない国

「ここにはアホと年寄りしか残らない。マトモな若者は出ていってしまう」

当然、オババは東北の山奥の話をしていた。ところがそれから17年経った今や、日本全体がそんな場所になってしまった。

新卒でシンガポールに海外就職しちゃう猛者がいる。こういう日本人は専門知識+英語+学歴の3高で本当に優秀。一昔前なら官僚や日本の大企業で将来幹部になるハズのエリート達なのに、今や初めから海外の外資企業でキャリアをスタートさせる。

彼らはまさに日本企業が失った人材だ。

日本政府は優秀な外国人を誘致とか言ってるけど、逆に日本人の優秀層が外国にドバドバ流出しているのが現実だ。

昨今、求人倍率は1.5倍を超え、人手不足が社会問題になっている。でも労働者の人数のみならず、彼らのような「民族の上澄み」がゴッソリ抜けている「質」の問題こそ、長期的視点で国家運営や企業経営に影を落とすはずだ。

しかも僕にようなペーペー労働者でさえも使い捨てにされ日本で働けなくなり、極めつけは、遂に日本は外国人にとってアジアで最も働きたくない国になってしまった。

日本が「アジアで1番働きたくない国」にランクイン
(2018年1月15日更新)ついにきた。発表を目にした時はそう思った。日本が「アジアで1番働きたくない国」にランクインつい先日、スイスのIMD(Institute for Management Development)ビジネススクールの発表

てにする国と企業に未来はない

というわけで、日本人の優秀層が海外流出し、中間層は使い捨てられ、頼みの綱の外国人労働者にもそっぽを向かれた今、日本はまさに「アホと年寄りしか残らない国」になってしまった。

今後さらに加速する人手不足で、労働基準法を守らないブラック企業、労働者に充分な給料を払えない雑魚なビジネスモデルがどんどん潰れていくだろう。

労働者を使い捨てにする国と企業に未来はない。

日本の労働環境が改善されることを切に願う。

 

  1. トミー より:

    最近記事を色々と読ませていただいてます。
    切れ味の鋭い記事と問題点を的確に指摘していて読んでいて爽快です!
     私も駐在員として海外ではたらいてますが、外からみる日本の労働環境、社会は変えないと行けませんね。

    • ししもん より:

      トミーさん、コメントありがとうございます(=^ェ^=)

      辛辣なコメントも多い中、暖かいお言葉をありがとうございます。
      今後ともユルくよろしくです。

  2. 今居 より:

    ツイッターで回ってきて読みました。とても的確な記事だなと思いました。就職して会社生活をしていると勉強の大切さがよくわかります。まさしくここで言ってた、専門知識、勉強、学歴を磨いておけばと後悔するばかりです。
    とても爽快な記事でした。

    • ししもん より:

      今居さん、コメントありがとうございます(=^ェ^=)

      遅きに失することはないと信じています。思い立ったが吉日です。人生を楽しく盛り上げていきましょう。

  3. 北野正一 より:

    古希盲聾もつらい! わがドラ息子(40)も、一家挙げて、東京の六本木から、シンガポールへ移りたい、とつぶやき、孫の教育はどうするんだ、で、何とか食い止めた。

    戦後、高度経済成長が始まる1955年、都市と農村の人口は、4000万対4000万。それが高成長後の今、11000万対1700万、東京圏4000万、関西2000万=中部。 超過密と超過疎と申し、農村部には限界集落だらけ、農業従事者の平均年齢は71才、自給率6割を支えています。

    いま、農業従事者は、長男だから家を継げ、公務員にありつけたから残ったような人ばかり、娘は皆、土を離れ、奥様に成りに街へ、やがてパートへなって、今、この年金で? とおびえてる。嫁日照りでフィリピンの花嫁も多い。
    そんなんだから、一番苦労して生き延びた人達ですから、老後位、ゆっくりと、これもできない、こんな哀れなアホ老人ちです、ご理解を!

    だが、アメリカも同じ、日本に来てるのは賢い二番手、Topは金融界でぼろもうけ。二番手は語学力があるから、日本で英語教師、三番手以下はどうする? Sandersに期待をかけた、だがヒラリーにまけたので、Trumpに賭けてる。アメリカも、超エリートを除けば、あほと年寄りばかり。例外はドイツ! 自分の故郷から、他の州へ配転されると、転職しますよ。

    日本とドイツは1868年明治維新、1871年、対仏戦で勝ったプロシャ主導でドイツ帝国、日本の大日本帝国、憲法はプロシャ憲法のコピー。ドイツは2度の世界戦争で、ようやく反省して、現在。日本は、維新三傑路線をとってたら、戦争なしで今のドイツより良くなっていたのに、長州の一君万民、万国対峙の富国強兵策で誤り、1985年、米に日本と西独とが名指しでなり上がりを叱られて、日本はバブルと破裂で現状、西独は世界の雄。さて、今出ていくかしこなんて、用済み、東大はコンピュータに完敗、西郷どんのような男が日本を再建する! 古希盲聾はNHKの西郷どんを見ながら、あ~、我が母は、西郷のように生きろと育ててくれたんだなー、と涙ながらに反省、残された5年、故郷の誇りとなるよう骨子粉砕を誓います!

  4. くがみち より:

    自分も地域おこし協力隊として2年間岡山県高梁市に住んでいた30代♂ですが、我が意を得たり!
    というのが拝読した感想です。

    地方に必要なのは安楽死だな、と痛感してます。
    もうどんなに手術・投薬しても、生きる意志のない自治体にはぬかに釘、焼石に水、のれんに腕押し、なのです~。

    2030年代には日本は、フィリピン、ラオス、ミャンマーと同格となり、出稼ぎ労働者の供給源となる
    んではないでしょうか。

    放射能事故の続発と露見、超大型の噴火・地震が続けば、バングラデシュ、スリランカ、北朝鮮ほどまで落ち込むかと思います。

    • ししもん より:

      くがみちさん、コメントありがとうございます٩꒰⍢ ꒱۶⁼³₌₃

      協力隊上がりの友達がいるのですが同じようなこと言ってました。
      ただ、日本の田舎の温泉や自然はコンテンツ価値があります。彼らが死に絶えたあとに、インバウンドを取り込めるネット世代が入植する未来を期待しています。日本に本帰国することがあれば、僕もししもん村を作りたいです笑