成果を出すには何を「やらないか」が大切な時代



読者の皆様、あけましておめでとうございます。

おかげさまで2018年、我がブログ「無職は恥だが癖になる」は2周年を迎えました٩꒰⍢ ꒱۶⁼³₌₃

昨年1年間でせっせと240記事もこしらえて、月間6万PVのブログに育てることができた。楽しかったなぁ。これは落ち着きがなく何事もすぐに投げ出してしまう僕にしては珍しいことだ。

たぶんブログとテニス以外のことに、一切手を出さなかったのが良かったんだと思う。

例えばネットを開くと興味をそそる情報の洪水だ。作業しようとパソコンを開いたのに、うっかりTwitterを見始め、回ってきたYouTube動画に飛び、気付いたら1時間経ってたみたいなことはよく起こる。

こんな騒がしい時代に結果を出すには、目的と無関係なことを如何にしてやらないかが大切なんだよね。2018年1発目の記事は、情熱の先にある到達点を意識して、それ以外の活動に気が散らないようにする方法を書く。



情熱の先にある未来をイメージする

僕がプライベートの活動をブログとテニスに絞ったのは意味がある。

将来文章書いて生計を立てたいと夢見ているので、ブログは将来の食い扶持に対する時間の投資。実際、毎日昼ご飯を食べられるくらいの収入をブログから得ているし、毎月ちょっとずつ増えている。これがモチベーションだ。

一方、テニスは人間関係が苦手な僕にとって、社会から孤立しないための努力だ。少々変わった人でもちゃんとボールを打ち返してくれさえすれば、テニスコートでは重宝される。テニスが上達すればするほどテニスコートでの人材価値が上がるわけで、これが大きなモチベーションだ。

とまぁ、ここまでは今までと一緒。そのうちそんな微々たる成果ではモチベーションを維持できなくなり、他に面白そうな事が出来ると飽きて投げ出してきた。

この1年が今までと違ったのは、その先のビジョンがしっかりあったこと。

ブログに関しては最終的に本業にしたい。他にもSFの物語を書いてみたかったり。このまま文章力を磨き続ければ、10年以上文字通り死ぬほど悩まされてきた勤労から解放されるかもしれない。自分が会社を辞め、いろんな国のホテルを転々としながら文章を書く日々。

その夢をイメージしてみると、心のそこからモチベーションが湧いてきて、寝不足の朝でも一心不乱に文章書き始める。

でも、そんなふうに数週間単位でビザが要らない国を転々としていると、社会的に孤立してしまう。それはブログにとっても致命傷だ。

人間関係の不安や、企業社会での生き辛さ。それがこのブログのメインテーマになのに、僕が経済的自由を手に入れて、人と社会に全く関わらないことで悩みから解放されたのだとしたら、ほとんどの読者は興味を失ってしまうだろう。ししもんがホテルでグダグダするだけのブログを読みたい人はいない。

そうならないための切り札がテニスだ。テニスコートは世界中にあるし、テニスのグループも世界のどこにでもある。しかもルールや用語まで世界共通とくれば、テニスをとっかかりにして現地の人たちに関わることができる。言葉が通じない変な外国人であっても、とりあえずきちんとボールを打ち返してくれるなら、排除する理由がないだろう。

そんなわけで、いろんな国のテニスミートアップを道場破りしていく未来の自分をイメージしてみると、少々疲れた日でもエネルギーが湧いてきて、壁打ち練習に出かけていく。

1番やりたいこと以外はやらない

そんなわけでブログとテニス以外のことに興味が湧いてきたら、情熱のその先にある未来をイメージして浮気を防止している。

ちょっとやってみたい事はやらない。自分と方向性が違う人とは会わない。少し興味があるだけの場所にはいかない。これだけで随分時間ができるし、精神的肉体的に余裕を持ってその時間に取り組むことができる。

「自分はこれで生きていこう」と言う対象が見つかったならば、後はいかにしてそれ以外のことを「やらないか」が結果を出すための鍵だと確信している。

そんなわけでこれからも全力で記事を書いていきます。読者の皆様には引き続きご贔屓賜りたく。本年もどうぞよろしくお願い致しますU^ェ^U

 

  1. ほし より:

    僕も人生に疲れている派です
    ふとこのサイトを拝読しました
    不道徳ですが
    滅茶苦茶面白いです

    僕も色々読んだり方法を試してみましたがダメでした
    その方法の筆者の試行錯誤が上から目線ではなく
    つい笑ってしまう話で読んでしまいました

    今年もお互いゆるく行きてゆきましょう

    • ししもん より:

      ほしさん、コメントありがとうございます(=^・・^=)

      充実した一年にしていきましょう!