通勤時間に関するジレンマ

シンガポールという国は南側のごく一部だけが栄えていて、それ以外の国土の大部分は高層公団住宅がひたすらどこまでもそそり立っている。先進的なイメージを抱かれるシンガポールだけど、この公団住宅は「公団住宅」と聞いたときに日本人がイメージするものにかなり近い。そして僕はこれが嫌いだ。
僕は東京郊外のまさにそんな集合住宅で育った。だからその無個性な外観も、巣箱を思わせる画一的な町並みも、日本での嫌なことを連想させる。そんな感じで、僕はシンガポール南部の限られた都市部に無理して住んでいる。
もうひとつ、都市部に住みたい理由は、娯楽の全てが都市部に集中しているからだ。シンガポール郊外は「住むところ」でしかなく、寝る以外の活動は都市に出てくる必要がある。日本の田舎でイオンモールが進撃しているように、買い物に関してはシンガポール郊外でもほとんど事欠かない。それでもやっぱり面白そうなことは都市部に集まっている。
ただ都市部に住むことにも問題がある。僕の会社はほとんどマレーシアと言えるほど郊外にあるのだ。実際にオフィスの窓からマレーシア領が見える。シンガポールは東京23区とだいたい同じ大きさだから、毎日お台場から赤羽あたりまで通勤していることになる。日本だとこんな距離は普通だけど、各駅停車しかないシンガポールにおいてコレはキツい。とくに僕は過敏性大腸炎になってしまい満員電車に耐えられず日本を出る決意をしたほどなのに、どうしてこんなライフスタイルをわざわざ南国で海外就職してまでやっているのか自分でも謎だ。
通勤時間が好きという人はいないと思う。人生の無駄としか思えない。だから日本で働いていたときもずっと出来るだけど会社のそばに住んでいた。転勤が多かったので大変だったけど、ちょうどシェアハウスブームが始まった頃だったので、随分楽しい思い出ができた。
まとまりのない文章になってしまった。今朝はお腹が痛くてトイレが長引いてしまい、電車では間に合わないので優雅にタクシー通勤。国の端から端までタクっても2000円くらいのはシンガポールの良いところだ。