戸締まり・火の元が心配でしょうがない段階で仕事を辞めるべきだった