心ある人たちの支えのなかで生きてることに気付いちゃった

昨夜は日星親善テニスのいつもの友人たちと一緒に晩メシを食べた。HDBの軒下にあるなんてことないホーカー屋台で、これまたなんてこない福建麺を注文。いつもの4人でテーブルを囲んで食べ始めたんだけど…。

食欲がない。

まぁ客観的事実としてあまり美味しい福建麺ではなかったんだけど、僕の味覚もかなりおかしい。全然味がしない。ふやけた粘土を食べているようだ。さらに胃が消化を拒否しているらしく飲み下すのに苦労する。

これはメンがヘラっているサインだ。

大学でクソみたいな研究室に配属されたときは片頭痛に悩まされたし、クソみたいな職場では突然腹を下すようになった。僕の身体は非常にわかりやすく出来ていて、メンタルが崩れると即効性をもって体調に現れる。

そして昨夜僕は気づいてしまった。この素晴らしい仲間たちと、もうあと幾度も食卓を囲めないことに。



シンガポールで僕は変わった

先週、突然僕の部署が廃止されることになった。それで僕は今月で職を失い近いうちシンガポールを離れることになるんだけど、当初ぜんぜん動じなかった。

普段からミニマリストに徹しているので引っ越しは簡単。さらに貧乏生活に慣れているし貯金もある程度ならある。いつでもどこにでも行ける。会社都合のレイオフなので退職金も貰えるし、むしろこれは次の国に挑戦するチャンスだと。

じゃあこの落ち込みようはなんだ。

日本で暮らしていた僕はとにかく余裕がなく、いつも自分を中心に生きていた。時間に追われ疲れていると、他人のことを気にかける余裕など無くなる。クソだと思っていた大学の研究室、クソだと思っていた日本の職場。これももしかしたら僕に余裕がなく、頑張っても上手くいかない不都合な真実を組織や周りのせいにしていたのかもしれない。

そんな風に自己中心的に生きてきたので日本を離れる葛藤は皆無だった。

一方、シンガポールに移住してからの約6年間、僕は打って変わって「時間持ち」になった。毎日まだ明るいうちに家に帰れる。土日は確実に休み。そんなゆとりのある暮らしのなかで、僕はいつの間にかモノやカネではなく、まわりの人たちに重きを置くようになっていたらしい。

シンガポールを去るリアリティーがようやくわかってきた。住む場所を変えることで変化するのは収入や仕事だけではない。

僕の生活を彩るかけがえのない人たち。

例えばいつも一緒にテニスをしているシンガポール人男子は、僕にとって初めて親友と呼べる外国人だ。なんというか手加減する必要がない。ポジティブな内容もネガティブな内容も、政治的に微妙なトピックでさえも彼とは言いたいことを何でも言いあえる。

今では生来ぼっち属性の僕が、毎晩のように誰かと遊ぶようになった。

シンガポールを離れるとそんな彼らと物理的距離で隔てられるのだ。

嬉しいことも不快なこともいろいろあったけど、この6年間シンガポールで心ある人々に囲まれて暮らした時間がどんなに恵まれていたか。その有り難さを心のそこから思い知った夜だった。



働く自信

されど我は働きたくない。

違うな。意欲の問題というより「働く自信」が枯渇してしまった。

日本で社会人として挫折したときはホステルでバイトすることで働く自信を取り戻した。それをバネに背伸びして外資に転職してみたものの、シンガポールで3年半も正社員として働いているうちに自分の業務スキル不足、英語力不足、何より自信の無さにうんざりしてしまった。

こんな状態で胸を張って「僕を雇って下さい」とアピール出来ない。きっとパッとしない履歴書しかかけないし、もし面接まで進めてもオドオドと自信のない受け答えしか出来ないだろう。

自分の欠点を理解しているのに、から元気でそれを覆い隠すような不誠実な振る舞いはしたくない。そんなんで自分を偽ってもし採用されたとしてもすぐにバレてまたクビになる。

疲れたよパトラッシュ…。僕はこれからどうしたらいいのだろう。

 

  1. ダイキ より:

    いま鬱になって3ヶ月ほど休職しています。

    部署を廃止にされるという記事が投稿されたその日にブログを見つけて、勝手に運命的な物を勝手に感じています。

    自分は販売の仕事から、社内のシステム部署に挑戦しようとして見事メンタル崩壊しました。
    ししもんさんのブログを読んで、身体を壊してまで働く意味がない事を再確認できました。
    日本でも簡単な資格を必要とする職場を探せば重宝され、こき使われる確率が減るのではないかと思い、工場勤務の仕事への転職にチャレンジしています。

    ご友人と物理的に遠くなってしまうのは非常に寂しいですね。私も転勤によってスポーツ仲間と離れてしまった事が病むきっかけになった気がします。
    新天地で新しいコミュニティを探すか、同じシンガポール内で転職先が見つかると良いですね。

    応援しています。

    • ししもん より:

      ダイキさん、コメントありがとうございます(=^・・^=)♬

      僕は多分大丈夫です。いちどどん底まで落ちましたから。二度とあんな苦しみは味わいません。

      世界は広いです。大変なことがあってもきっと自分に合う「ここではないどこか」があります。そこに居続けられるかは僕のようにまた別の話ですが。

      貴殿の幸せを願っています。お互い幸せになりましょう(=^・・^=)!

  2. みーりん より:

    私にとっては、それが香港です。22年住んだ香港を離れて帰国して2年経ちました。
    仕事でまだ往復できていますが、やはり友人関係が殆ど全て香港にあるので、それが一番大きな喪失感です。
    彼らも続々帰国の準備をしつつあるので、彼らが多く住むであろう関西圏に将来引っ越そうと思います。
    私はもう50代ですが、まだお若いなら、まだまだ大丈夫ですよ、きっと新しい場所は見つかります。

    • ししもん より:

      みーりんさん、コメントありがとうございます(=^・・^=)♬

      レイオフされる同僚たちでなにか立ち上げる計画もあるらしく、出来る限りシンガポールにしがみつこうと思い直しました。ポジティブにこの状況を楽しんでやります。そう考えられるのも周りのみんなのおかげです。

  3. Matsu より:

    昨日夜中に読んで泣いてしまいましたよー。やはりししもんさんの文章には引き込まれます。
    ししもんさんに幸あれと願っています。

    • ししもん より:

      Matsuさん、コメントありがとうございます(=^・・^=)♬

      文章褒めてくれてありがとうです。お陰様でポジティブになってきました。楽しい人生にしてやりますぜ!今後ともユルくよろしくお願いします(=^・・^=)!

      ※誤字を修正のうえ訂正コメントを削除しました

  4. 四季のない街が好き より:

    社会人大学院生です。毎日リアルに3時間睡眠で仕事と学業を行なっています。
    来年秋に卒業して再来年春にはシンガポールに移住して日本には戻らないつもりです。
    日本人会には入らない。シンガポール人友達と毎週ボランティア活動して過ごすんだと思ってます。
    自分が読んでるシンガポール在住日本人ブログはごくごくわずかです。
    ししもんさん、気づきを得たってすごい良い体験ですよ。
    何度も壊して構築してどんどん強くなる。
    魂で感じた大切なものとか、その時の気持ちを糧に今までよりも大きなことに挑戦しやすくなります。
    自分もリーマンショック以降の影響で職場なくなったりで転職多いですが、英語は初学者だわ、暑いの苦手だわだけど、シンガポール行くわ!で命かけて挑戦するつもりです。
    自分も今年から大学院で専門性つけ始めたばかりですよ。
    ししもん、取り組めることは、少し手をのばしてみると結構あったりしますよ。
    そこでまた、色々な楽しさや愛着をもち始めるかもしれません。
    自分がシンガポール行ったら挨拶しにいくつもりなんで、よろしくお願いします!
    テニスボールの球拾いやりますんで(*´꒳`*)

    • ししもん より:

      四季のない街が好きさん、コメントありがとうございます(=^・・^=)♬

      残念ながら来月いっぱいでシンガポールを出て流浪の民になります。大陸横断鉄道でユーラシア大陸横断するのでロシアあたりで会いましょう(=^・・^=)♬