インキンタムシに感染してオランダに移住しようと決意した話

東南アジアで海外ノマドするうえで、一番気をつけるべきことはなんでしょう。

答えはインキンタムシである!特に男性に関しては間違いない。

インキンっていうと性病と勘違いされるんだけど、その実股間が蒸れてバイキン(真菌)が繁殖する皮膚病。わかりやすく言えば水虫菌が股間に発生したものだ。股間が蒸れるのが原因ということで、いろいろなエクステリアがゴテゴテとくっついてる男性の方が湿気がこもって患いやすく、片付いてる女性の場合は性行為を通じて男性から感染するパターンが多いとも書いてある。

ほら、やっぱ性病じゃんか?

ししもんは猛々しい雄ライオンである(=^・・^#=)

まぁそんなわけで、2019年は僕も漏れなくインキンに感染しましたね~。そりゃそうだ。股間が蒸れる条件である男×夏×座り仕事という3コンボをキメた状態で、毎日12時間以上働いていたのだ。股間の蒸れが常態化して、原因である真菌がわんさか増殖してしまった。

発症から完治まで、勝手知ったる台湾で過ごせたのは不幸中の幸い。台湾の滞在中は、股間の尋常じゃないかゆみと戦いながら、抗真菌薬を塗りたくる毎日だった。

アホは風邪ひかないとばかりに元来丈夫な僕だけど、さすがにこの時ばかりは病院のお世話になりたかった。

無保険で医療のお世話になれない自分の選択を呪う。税金・年金・健康保険をどこの国にも払わない合法脱税生活もここまでか。

独身ノマドが税金・年金・健康保険を払わず合法的に南国で暮らす三種の神器

インキンをアルコール消毒したら駄目!

台湾では水虫のことを「香港脚」という。

昨今の台中関係の悪化はこれが原因なんじゃないかと疑うほどに失礼な病名だ。ということは、日中関係悪化の要因は布団のダニ「南京虫」だろうね。日本人も台湾人も、中国に対して不衛生な印象をもっているのかもしれない(=^・・^;=)

病院のお世話になれない状態でインキンタムシを患ったら、薬局に走って抗真菌薬を買うしかない。原因菌が水虫と同じなので、水虫薬を買えば事足りる。なお…。

アルコール消毒は駄目!絶対、ゼッタイに!!

今日注意喚起したい、最も重要なポイントがコレだ。

東南アジアでは蚊対策が必須なので、僕は足と脚をアルコール消毒するのが日課になっている。薬局で売ってる消毒用アルコールのスプレーを風呂上がりにシュシュっとしておけば覿面、日常生活で蚊に刺されることがほとんどなくなる。

バイキンが原因で痒いなら、今日はついでに股間もアルコール消毒しておくか。

この浅はかな判断の代償は大きかった。

アルコールが殺すのは、皮膚に住んでいる「常在菌」であり、インキンの原因である真菌にはほとんど効かないっぽい。人間の皮膚の上は、無数の常在菌がビッチリはびこっていて、それはさながら陣取りゲームの様相であるらしい。外から繁殖力の強い有害な菌がやってきても、すでに皮膚の多くの場所を無害な常在菌が占めていれば、彼らを殲滅して陣地を奪うのは容易なことではない。人間は無害な常在菌を皮膚の上に飼うことで、有害な菌から守っているわけ。

それなのに股間をアルコール消毒することは、敵襲のなか護衛を虐殺するような愚かな行為だったのだ。

もう程なく(数時間)のうちに股間はもとより太ももの内側、へその周辺にまで真菌の感染範囲が広がった。守ってくれる常在菌がいないものだから、下半身全体が真っ赤に腫れ上がるほどに症状が悪化。もう、あまりの痒さに仕事は手に付かないし、眠ることもできない。

まさに地獄のような状態に陥った。

股間が痒くなってもアルコール消毒は駄目!ゼッタイ!病院に行って真菌が繁殖していることを確かめてもらうか、僕のように病院に行けないなら、せめて薬局に行って抗真菌薬(水虫薬)を買うと良い。なお、股間が痒くなる原因が真菌とは限らないので、その場合は水虫薬は効かないし、むしろ悪化すると書いてある。

さらに、真菌は垢や角質を餌にして繁殖するので、角質がない部分に塗ると意味がないばかりか、真っ赤に腫れ上がったあと皮膚がブヨブヨに劣化してしまう。自分のエクステリアの竿や袋が3倍に腫れ上がり、ブヨブヨになるのは嫌だろう。僕だって嫌だよ!台湾の薬局の人、頼むから買う前にぜひ教えてほしかったな…。痒くて痛くて錯乱しかけたもん…。

やっぱインキンになったら病院に行くべき。そのためには保険に入っておくべきだし、インキンの強烈な痒みはお金で解決するべき事案なので、保険に入ってなくても病院に行っといたほうが懸命である。

南国ノマドする男のパンツ:TOOT

世界で最も歩かない国民がインドネシア人であるように、東南アジアで暮らしていると運動をしなくなる。暑いしダルいし、何より周りの地元民が暑くてダルそうにしているので「まぁ人生そんなもんですよね」って気分になるのだ。しかもそれでいて炭水化物に油と塩と砂糖をかけたような食べ物が多く、当然太る。

そう、南国でノマド暮らししていると、劇的に太るのである。

もれなく僕も7キロ以上太り、元々63キロだったのが70の大台を超えてしまった。そしてインキンタムシの原因のもう一つの要因が、デブなのである!すなわち皮膚と皮膚の接触と摩擦だ。太ると腹の肉が余って、特に座ったときに段々腹になってしまう。このヒダに汗がたまり、真菌の格好の繁殖場所になる。

さらに猫背もインキンタムシの原因になりうる。座ったときに段々腹になる原因は、太ってなおかつ背中が丸まってるからだ。

この強烈な痒みから開放されるには、あと7キロ痩せて、さらに姿勢も矯正する必要がある…。

…いや、無理だべ。

にんげんだもの。そんなすぐには痩せないし、姿勢も治らない。必要なのは、簡単かつ一撃で、ズボンの中で皮膚と皮膚の接触を回避する方策だ。そういう方向性でネットを調べると、1枚のパンツに辿り着いた。日本製高級メンズ下着、TOOTである。

このパンツは立体的に縫製されているので、男性の股間にゴテゴテと設置されたエクステリアたちを個別にスッキリと格納できる。これにより皮膚と皮膚が直接触れるのを防止して、高い通気性を実現するというのだ。なによりインキン経験者の豊富な体験談が生生しくネットに蓄積しており、信頼感がある。

僕は服に締め付けられるのが嫌で、今までユニクロのゆったりしたトランスを愛用してきた。でも先人いわく、ズボンの中が蒸れる原因は皮膚と皮膚が直接に接触することであり、空間的ゆとりは湿気を逃がすのに貢献しないらしい。

ふむ。ならば試しに1枚買ってみるか。

ってパンツ1枚が3500円もするの(=^・・^#=)!!!

いやいやいや、今まで30年以上、2枚で1500円のパンツに満足してきたんですけど!!!

僕は服にカネをかけるのは無駄という強烈な意識を持っている。着ている服が5000円高くなるごとに女子に10%モテるとか、10000円高いスーツを着るとボーナスが1ヶ月分増えるとか、そういう具体的な効能が証明されていない以上、宇宙の真理として服にカネをかけるのは無駄。グリコでさえ1粒で300m走れると謳っている。服には駄菓子以下の価値しかないのだ。

しかし!しかし、だ!

そうは言っても痒い!本当にカユい!痒いのを通りこして痛くなってきた。

アルコールで股間の常在菌を考えなしに殺菌してからというもの、仕事も手につかず夜も満足に眠れない日々が続いている。今すぐにインキンが治るなら10万円くらい出しても良いかもしれない。3500円がなんだってんだ!雄ライオンの決断力が今こそ試されている!

ここで、僕の頭に「服はガジェット」というパワーワードが降臨した。天の啓示である。

そう、僕は費用対効果が不明な買い物をするのではない。TOOTの通気性、インキン予防能力に金を払うのだ。そしてパンツを機能性が高く身につけられるガジェットだとするならば、iPhoneとAppleWatchに25万円お布施した僕にとって、3500円など消費税より安い。四捨五入すべき誤差である。

服はガジェット!パンツはガジェット!

パンツ1枚に3500円払うという行為。これは「投資」。もう5枚くらい買っちゃう(=^◎ ◎^=)

インキンタムシに罹って欧州移住を決意する

とうわけで、台湾で「香港脚」の薬を塗りたくり、苦労して日本製高級メンズ下着のTOOTを手に入れて、僕のインキンタムシは完治した。

でもこの騒動で、どこの国にも住まない永遠の旅行者としての暮らしに強い不安を抱いた。そろそろ公共の福祉がほしい。あっという間にやってくる40歳、そして独身で迎える老後を見据え、福祉が整った先進国の永住権がほしい。

このブログは僕の人生を賭した冒険物語。ここまでで、うつ病不眠症を克服しシンガポールで海外就職し精神安定剤デパス依存から抜け出し脱サラしてフリーランスになった。

そして来年2020年。ししもんはオランダへの移住を目指す
このブログ「無職は恥だが癖になる」の次のネタは「EU圏内で永住権取得」です。

皆様良いお年をお迎えください。来年もこのブログをどうぞご贔屓に。

人生を理想の自分を目指す冒険RPGと思うと楽しい