コロナ渦のオランダで流行する飲食店支援の食べ歩き企画 Tasty Walk に参加してみた

ついに!オランダに根差した記事を書くことができるぞ!

昨年2月に引っ越してきて以来、ロックダウンになったりならなかったり。あとアジア人に対する憎悪が事件にまで発展したこともあり、勝手がわからないなか積極的に外に出て活動しようと思えなかったんだよね。

ところが遂に、先週の政府記者会見で今週中に規制の一部が軽減されることが決定し、なんかこのままグダグダになりそうな雰囲気が漂いはじめた。いや、いままでもオランダ民衆のコロナ対策はグダグダだったのだけど、もうワクチン接種を拒否する人は感染しても仕方ないね、的な暗黙の了解が本格的に形成されつつあるように感じる。

日本の状況をあまり追っていないのだけど、日本人的にワクチン接種を拒否する場合、副作用や長期的な健康への影響が主な懸案にあがるだろう。でもオランダの場合は、それに宗教上の理由が加わる。要するに神様に与えられた命を人間ごときがいじくりまわして良いはずがない、というわけ。これは理屈じゃないから説得のしようもないのである。

その一方で、教科書的にはカルバン派プロテスタントが主流のオランダでも、日本の葬式仏教徒みたいな、ほぼ無宗教の不良キリシタンが増えており、自分自身や社会全体の命を蔑ろにしてまで信仰を貫く人たちは、もはやマイノリティ。

僕はオランダ語もできないし、もとより空気は読めないけど、ワクチンや防疫に対する温度差でオランダ社会の分断が一部可視化されたように感じた。

飲食店支援の食べ歩き企画

そんなわけで全体で見るとオランダ社会のコロナ対策はグダグダな感を否めない。でも一部の人たちは意識が高いだけでなく、それに見合う行動力と実力も備えていて、政府が定めた規制に完全に従った上で楽しめる新たな文化を次々と生み出していった。

この週末に僕が参加した Tasty Walk も、そのひとつ。

コロナ規制で瀕死の飲食店と、家で孤立しがちな人々を、規制を満たしたうえで結び付けようという、この企画。特設サイトでチケットを購入すると、選んだ地域のレストラン6店舗で食べ歩きに対応した軽食を受け取れるのだ。

このWebサービスが秀逸で、チケットを購入した時点で各レストランに連絡がいき、営業時間中に店頭で名前を伝えるだけで料理が出てくる。財布やスマホを出す必要もない。

アイデアと、システムを構築するスピード感に脱帽である。

チケットのお値段は4500円とお高めながら、もともとオランダにあっては外食が高くつく。レストランにいく時点で酒を飲まなくても5000円くらいは飛ぶのである。だからハズレに当たると敗北感が凄まじい。

そういう意味で、同じ値段で6つのレストランを味見できる Tasty Walk は、僕のように地元のお店を開拓したい新参者にはお得なのである。

いざ出陣

今回一緒に参加してくれたのは、YouTubeではお馴染みの公務員ちゃんである。

彼女は僕がオランダに移住してきた最初の最初、移民局の窓口で対応してくれた女性だ。在留許可証を発行してもらい、手続きが終わった時に「なんか困ったら連絡してね」とプライベートの電話番号を渡されたのがきっかけで、たまに遊びに出かける仲になった。

ししもんは、こうみえて隅に置けないライオンなのである(=^・・^=)♬

というわけでオランダ第二の都市ロッテルダムのBlaak(ぶらーく)駅で待ち合わせ。ちなみに天気が良かったので家から徒歩で到着。

この周辺にはダッチデザインの建築が林立し、空間が捻じ曲がった異世界感が漂って僕好みである。

思えば15年くらい前、英語すらできない時代にも、僕はバックパッカーとしてこの街にきた。

社会人2年目の夏。もう、どうしようもなく東京のサラリーマン生活に馴染めず、韓国インチョンから半ば逃げ出すようにヨーロッパ行の飛行機に飛び乗った。そしてドイツのフランクフルト空港から無計画に電車を乗り継いでロッテルダムに流れ着いたのだった。

ダッチデザインといえばこの建物というくらいに有名なCubehuis(くーばす)。キューブの大半が分譲マンションながら、写真の右側のキューブはユースホステルとして開放されていて、当時の僕は狂喜乱舞して1泊した。

それが今ではオランダに移住して地元の女性と英語で週末を過ごしているのだから、我ながら成長したなぁと感慨に浸ってしまった。なかなか波乱に満ちた15年だったけど、努力の方向性は間違ってなかった。

ボート係留所の向こうに見えるビル群が、ロッテルダムの中心である。

第二の都市でも、まぁ規模としてはこの程度。でも縦横無尽に走る運河と戦前から残る長屋の街は美しく、また住宅地にひっそりとシャレオツカフェが営業していたり、コロナ規制が解除されたら探検のし甲斐がありそう。

レストラン1:Aloha Bar

さて、Blaak駅から15分歩いて早速1店目のレストランに到着。

なんかいきなり寂れているんですけどw

それもそのハズ、ここは福島のハワイアンズみたいな、温水プール施設トロピカーナの「残骸」である。

公務員ちゃんの子供時代には高級レジャー施設として有名だったらしいけど、10年ほど前に完全廃業してからはレストラン部分のみがテナントとして営業してる。彼女の子供時代、プールが営業していた当時は4時間制限で入れ替えを行うほどの盛況で、入場料がすごく高かったという話を聞けた。

いまでは施設の一部がゾンビが出てきそうなバイオハザードな世界観になっていて、僕はどっちかっていうと廃業してからの方がテンションがあがる。

で、肝心の料理であるが、これはwww

どっからどう見ても冷凍食品の揚げ餃子じゃんw

なにしろ1店舗あたり750円は投下しているのだ。申し訳ないけど、これはハズレである。

さらにコロナ規制に対応するため、店内では飲食できない。春が来たとはいえ風が強く、体感温度は10℃以下である。4月のオランダにおいて、この氷キンキンのジュースも配慮がないとしか言えない。

まぁ、気を取り直して(=^・・^;=)

4月のオランダはチューリップことTulpen(とぅるぺん)の最盛期。球根や生花の輸出で有名だけど、オランダの人たちは本当にチューリップが好きで、庭先などにこれでもかってくらい咲き誇っている。

この季節は街を散歩していて楽しい。

レストラン2:De Hemel op Aarde

2店舗目はレストランというより、酒場って感じ。

出てきたのもおつまみセットというノリだったけど、ボリューム感があり、なによりホクホクのポテトが美味しかった。オランダもドイツやベルギーと同じくジャガイモをよく食べる文化で、スーパーなど行くと10キロ単位の大袋で売っている。

僕は糖質制限しているから自分で買うことはないけど、たまに食べるとやっぱ美味しいもんだ。

この丸いのはオランダのコロッケで、ゴルフボール大のマッシュポテトに衣をつけて揚げたものである。

酒を止めてしまったのが悔やまれる。いや、ビールとか注目すれば店の売り上げにも貢献できるなぁとか心を揺さぶられたけど、グッと我慢して次の店に向かうことにした。

レストラン3:Calaboose

オランダの人たちは桜が大好きである。

特にロッテルダム周辺にはソメイヨシノと八重桜がこれでもかってくらい植えられていて、散歩した週末はちょうど八重桜がソメイヨシノより2週間ばかり遅れて満開になっていた。

さて、3店舗目の軽食はなんとSate(サテ)である。

マレーシアやインドネシアの焼き鳥で、シンガポールに住んでいたころは、おつまみの定番であった。

そう、インドネシアは長らくオランダの植民地だったことから、一部のインドネシア料理は今でもオランダに根付いている。ピーナッツペーストを使用した甘辛いソースで食べるのも、エビせん的なサクサクがついてくるのも、東南アジアそのまんま。

シンガポールを懐かしく思った。

オランダはインドネシアとともに、スリナムという南米の国も植民地としていた関係で、両国の文化は緊密に結びついている。だからサテはスリナム料理としても定着しているらしく、スリナム系の血をひく公務員ちゃんにとっては民族の味でもあるらしい。

彼女はこの店が一番テンション上がっていた。

しかし、あれだね。

僕の中でサテは、雑踏の喧騒の中、汚らしい屋台で食べるものなんだ。そもそも東南アジアのサテに使われる鶏肉はとても小さくて、おそらく肉の質も悪いから甘辛いソースで味を誤魔化しているわけ。

だからオランダの整然とした風景のなか、ボリューム感のあるでっぷりしたサテを食べていると、なんか場違いな気分になってしまう。

なお、レストランの外観はこんな可愛らしい感じ。Calaboose って刑務所って意味だと思うんだけど、僕の記憶違いかしら(=^・・^;=)

オランダ語は英語やドイツ語からの借用語が多いのだけど、日本語と中国語で漢字の意味合いがちょっと違うように、英語やドイツ語の知識でオランダ語を理解しようとすると時に失敗する。

レストラン4:Mamma licia

2店舗目のポテトが重かったので、なんかお腹いっぱいになってしまった。

それで近くのKralingse Plas (くらーりんす湖)でしばらく休憩することに。

鳥居を設置すると日本っぽくなるように、風車を設置するとオランダっぽくなる。

いまはほとんど葉桜になってしまったけど、ソメイヨシノは2週間くらい前が満開だった。ロッテルダム郊外にはこのような芝生が至る所にあって、週末をのんびり過ごすには最高である。

酒を止めてしまったことが悔やまれる。

ただ、犬のうんこを回収する民度がオランダにはないため、遠目には美しくても芝生に腰を下ろす際はビニール袋などを敷くことを忘れてはならない。

絶対にだ(=^・・^#=)

さて、4店舗目のレストランはイタリアン。この店は文句なしに超絶美味しかった。

大正義。

コロナが落ち着いたら正式なメニューを食べに是非再訪したい。

写真が下手くそだけど、ツイスト ショート パスタにバジルソースが完璧に絡み、チーズも当然のオランダ品質でクソ美味い。なによりアルデンテ的な、茹で加減が絶妙。

ここまでちゃんと美味しいパスタを食べたのは数年ぶり。きっと好物の生ハム パスタもあるに違いない。この麺と生ハムも完璧に合うだろう。

楽しみだ(=^・・^=)♬

ここでトイレを借りたのだけど、この滑落しそうな急階段の上は製麺所になっていた。

自家製麵なんだ!いや~、素晴らしい。良いお店を発見した。ここには絶対また来よう。

レストラン5:Osteria Vicini

5店舗目もイタリアンで、出てきたのはまたまたオランダ玉コロッケだった。

Tasty Walkの同じコースに参加するレストランは、メニューが被らないように工夫してほしいなぁ(=^・・^;=)

ただ、このコロッケにはジャガイモの代わりに米が使われていて、しかもレモンピールや各種スパイスの香りがついていてシャレオツだった。

やっぱ、酒がメインのお店はアル中にはキツい。どうしても、また酒を飲みたくなってしまう。

料理がメインの店だけを巡るコースがあれば良いのだけど、Tasty Walkで選べるのは地域だけで、コースに含まれる6店舗はチケットを購入するまでわからない。ミステリーツアー要素としては面白いけど、アルコールを視界から遠ざけておきたい僕にとってはデメリットである。

この時点で公務員ちゃんの胃袋が限界を迎え、僕は対人関係エネルギーが枯渇してきた。

それで口数が減ってしまったけど、気にせず適度な距離感を保ってくれるので彼女の存在は貴重だ。対人関係エネルギーについて説明して、ちゃんと理解してくれた。

内向的な発達障害だけど人と繋がって生きたい

疲れたダルいヤル気無いって言ってるとラクな人生になる

レストラン6:de Maaskantine

さて、体力も限界を迎え、いよいよ最後のレストランにやってきた。国際河川 Nieuwe Maas(マース川)のほとりで営業している、スタンド式のBarである。

出てきたのはBisque(びすく)と呼ばれるフランス風の海鮮スープであった。

中には牡蠣に似た貝が入っていて、スープはトマト風味なんだけど、異様に塩が利いていて全部飲むことはできなかった。っていうか、それでも喉が渇きまくって大変だった(=^・・^;=)

とりあえず今回巡ったのは6店舗のレストランだけだけど、オランダの飲食店には当たりハズレの幅がデカいかもしれない。

Apple Watchで計測したところ、ここまでなんと17kmも歩いた。実に2万3000歩である。ちょっと寄り道したけど公式5kmのコースにしては歩きすぎだろうw

Tasty Walkでは巡るレストランは予約時に指定されるけど、巡る時間と順番は自分でアレンジできる。でも実際は右回りか左側回りか、くらいのバリエーションしか作れないので、ほかの参加グループと「やぁ、また会ったね」的な一体感が出てくるのが楽しかった。

本当はここからボートバスにのってロッテルダムの中心街まで戻る予定だったんだけど、この時点で19時を過ぎてしまい、最終便に間に合わなかった。

夏時間になって日が長くなり、最近では21時近くまで明るいので、感覚が狂ってつい遅くまで活動してしまう。

今週からテラス席であればレストランの店内でも食事できるようになるので、まだ行ったことのない街のTasty Walkにも参加してみようとおもう 。

コロナで1年目を棒に振ってしまったけど、今年こそはオランダ生活を充実させていきたい。また報告させていただきます(=^・・^=)♬