"放浪記" 

世界中で公然と行われる職業による人種差別

社会人1年目の僕は、灰色い東京で早くも閉塞感に絡め取られていた。その後数年のうちに、この閉塞感は絶望に変わり、最終形態のうつ病になってゆく。...

夕日が美しい台湾南部の田舎町で迷子になって大家族っていいなと思った話

バックパッカーが放浪を終えた後にハマるのが旅友巡礼ってやつ。 僕のように沈没型の旅人の場合、ひとつの街の同じ宿に1ヶ月とかグダグダ暇そ...

便座フェチなんでトイレに便座がある国が好き

シンガポールから路線バスで行けるお隣の国、マレーシア。残念ながらマレーシアで徒歩移動は危険だ。確かに治安も微妙なんだけど、それ以上に危ない落...

バンコクの肺と呼ばれる緑豊かなバンカチャオでビール飲んできた

バンコクの肺と呼ばれる緑豊かな集落「バンカチャオ」に何も調べずに向かったら大変だった話を書いた。 今日はこの続編。 バン...

バンコクの肺と呼ばれる緑豊かな集落バンカチャオに何も調べず行ってみた

さてさてバンコクからシンガポールに帰国しちゃった。 今日は分量が多すぎて現地で書けなかったバンコクぶら歩きシリーズ第二弾。何も調べずに...

ボートバスに乗ってバンコク運河とチャオプラヤ川を水上散歩してきた

目出度く9連休をゲットした僕は、昨日からタイのバンコクでバケーション中(=^ェ^=) とは言え、僕は予定を決めて時間を気にしながら行動...