海外生活

異文化交流

企業の顔色を伺わず自分でなんかやる文化が良い

今日も今日とてカフェに「出勤」してパソコンを広げ、フリーランスとして生計を立てるべく手を動かしている。確かに不安はあるけど僕としては毎日充実して過ごしているつもりだ。 でも友達にそんな現状を話すと高...
海外就職

駐在員もラクじゃない!企業に人生を委ねるリスク

なにかにつけて日本企業を目の敵にしているこのブログ。 だってマジでクソなんだもん。外国人実習生を奴隷動労させる国内企業のみならず、海外進出しても現地の人をモノのように扱いあげく現地採用の同邦をも使い...
シンガポール

徹底したシンガポールの防疫と虫が演出する日本の情緒

また蚊に刺されたんだけど!もうすぐ10月下旬になるのに…。 日本は虫がいすぎである。今年カメムシが大量発生したらしく実家の庭樹はボロボロ。しかもその葉の裏をよく見ると、白い繭みたいなのがいっぱい付着...
放浪記

日本は「ここではないどこか」が国内にある

安けりゃ何でもええのよ!ガハハハ! 洒落たジュエリー屋のカウンターで恰幅の良いオバちゃんがこんな風に吠えてて、やっぱ大阪は面白い。 片道3000円の高速バスに8時間揺られ、久しぶりに大阪にやってき...
放浪記

平日昼間の各駅停車で出会う自閉症当事者たち

独りで日本の電車に乗るとき、僕は駅ホームのキオスクで小さいボトル入りの焼酎を買って必ず列車の先頭に陣取る。 特に人が少ない平日昼間の各駅停車が心地よい。 各駅停車は文字通り全ての駅に止まる。さらに...
放浪記

オッサンのセーブポイント、東京場末のカプセルホテル

2008年。リーマンショックで派遣切りの嵐が吹き荒れたころ、ネットカフェ難民というキーワードがメディアを賑わせた。時を同じくして大阪の個室ビデオ店が人生を悲観した客に放火され16人も死亡する事件が起こ...
放浪記

家に帰りたい人、家に帰りたくない人

シンガポールのチャンギ空港を飛び立ち、羽田空港に着陸するまで7時間くらいかかる。僕はそんなに長いこと狭い場所でじっとしているのが苦手だから飛行機が好きじゃない。 それでも降下していく飛行機の窓から煌...