放浪記

放浪記

東南アジアの一番高い場所で迎えた夜明け

深夜2時半。ここはマレーシア領ボルネオ島。しかも標高3300mの山小屋である。 よしかつ、琴音、そしてワタクシししもんというシンガポールブロガー3人組は、世界遺産キナバル山の中腹で不安そうに天気を伺...
20.08.2018
放浪記

ベトナム・ホーチミンで美味いクラフトビールを呑み歩き

クラフトビールとの出会いは「よなよなエール」だった。 当時スコッチウイスキーにハマっていて、分不相応にも成城石井みたいな高級スーパーに通っていた。そこで缶のデザインが気になって1本買ってみたんだけれ...
10.09.2018
放浪記

中国の長距離列車でエリート高校生と黒髪女教師と仲良くなった話

中国寝台列車の旅の第3話。 沈没していた上海で怒涛の切符争奪戦を勝ち抜き、抗日ドラマが蔓延する車内で「ケン」と名乗るアニヲタの少年に出会ったところまで書いた。今日もその続き。 なお、これは...
20.08.2018
放浪記

中国を三等寝台列車で旅した人間模様

怒涛の切符争奪戦から3日後、列車は定刻に上海南駅を出た。 切符争奪戦については昨日の記事を読んでね(=^・・^=)! 中国の長距離列車は車長も運行距離もめっちゃ長い。今回僕が乗車す...
20.08.2018
放浪記

上海の居心地の良さで芽生えたニワカ中国愛が、駅の切符売場でズタボロになった話

沈没バックパッカーの朝は遅い。 この日も上海のホステルで目覚めたらすでに昼を過ぎていた。 でも昨夜はまぁ頑張った。中国語のWebサイトと格闘して、上海南駅から中国南部の街「南寧」まで、長距...
20.08.2018
放浪記

バンコクの肺と呼ばれる緑豊かなバンカチャオでビール飲んできた

バンコクの肺と呼ばれる緑豊かな集落「バンカチャオ」に何も調べずに向かったら大変だった話を書いた。 今日はこの続編。 バンコク側のクロントーイ船着き場から、20円の渡し船でバンカチャオ側にチャオ...
10.09.2018
放浪記

何フェチ?電線フェチ!バンコクの鳥の巣電線が美しい

小学校の修学旅行。夜のお楽しみタイム。先生の目を盗んでの男子トークだ。 高校生ぐらいになると女子がこっそり遊びに来たりして、リアルで盛り上がったりする。だけど小学生と言うのはまだまだガキなので、純粋...
10.09.2018