散歩

海外生活

霧の街サンフランシスコで過ごしたアメリカ独立記念日

サラリーマンに向き不向きがあるように、実は無職にも適性がある。 減っていく預金額ばかり気にして目の前の自由に罪悪感を感じるようなタイプは、多少大変でも何かしら仕事してた方が精神が安定することもあ...
10.09.2018
海外生活

夕日が美しい台湾南部の田舎町で迷子になって大家族っていいなと思った話

バックパッカーが放浪を終えた後にハマるのが旅友巡礼ってやつ。 僕のように沈没型の旅人の場合、ひとつの街の同じ宿に1ヶ月とかグダグダ暇そうにしているので、そりゃ顔見知りもできる。 そんな時は...
10.09.2018
放浪記

バンコクの肺と呼ばれる緑豊かなバンカチャオでビール飲んできた

バンコクの肺と呼ばれる緑豊かな集落「バンカチャオ」に何も調べずに向かったら大変だった話を書いた。 今日はこの続編。 バンコク側のクロントーイ船着き場から、20円の渡し船でバンカチャオ側にチャオ...
10.09.2018
放浪記

何フェチ?電線フェチ!バンコクの鳥の巣電線が美しい

小学校の修学旅行。夜のお楽しみタイム。先生の目を盗んでの男子トークだ。 高校生ぐらいになると女子がこっそり遊びに来たりして、リアルで盛り上がったりする。だけど小学生と言うのはまだまだガキなので、純粋...
10.09.2018
放浪記

ボートバスに乗ってバンコク運河とチャオプラヤ川を水上散歩してきた

目出度く9連休をゲットした僕は、昨日からタイのバンコクでバケーション中(=^ェ^=) とは言え、僕は予定を決めて時間を気にしながら行動するのが嫌いだ。休みの日くらい、時間を気にせず適当な時間に起きて...
10.09.2018
海外生活

なにもしないで過ごす技術

今週末から1週間、バケーションでタイのバンコクに行ってくる。 僕は予定を決めるのがとにかく苦手で、いつ・どこに・どうやって行こうか、無限の選択肢で頭がグッチャグチャになる。それで結局「うわーーー...
10.09.2018
放浪記

スラム探訪記

裏路地を行き交う人々を眺めながら適当にビール飲んでるのが好きだ。今まさに生きている街で、地元の人の泥臭い日常を覗き見してる感じが楽しいんだよね。 そんな僕が初めて「スラム街」に足を踏み入れたのはロサ...
10.09.2018